辞める事、始める事


そんなわけであと2回のコラム。先週結婚のご報告をしたので、想うことをつらつら書いていこう。

私の友人で、シェフをやっていた男がいる。このコラムでも話題にしたことがある。だから、昔から読んでくださってる方は知ってる男。彼も以前はメルマガをやっていた。「コラムシェフ」というこの「コラムジョブ」のパクリでは?というようなタイトルのコラムを書いていた。清水という男だ。
彼は、数年前に、自分のお店を立ち上げた。雑誌とかに取り上げられて、有名になった。だが、「まだまだいけるだろ?!お前」というところで、お店を辞めた。で、しばらくは生まれたばかりの子供と遊んだりしていた。高校時代からの付き合いだが、よくわからない男だ。

その彼が、先日電話をしてきた。「またお店をやろうと思う」と。完全に新しいお店を。ああ、また新しい転機が来たんだな、と思った。私も彼にその日が来るのを待っていたのだ。多分。私をそういう風に思わせるのだから、面白い男だ。

彼は成功を手にしている瞬間に、自分のお店をたたんだ。そして、再度新しいお店を立ち上げる。きっと、何かを終えるという事は、何かを始める事にいつか、きっと、つながっていくのだ。

日常は続いている。でも、その日を、きっかけに色々なことが変化する日が人生にはある。その1日はいつ来るかわからない。でも、清水を見ているとそうした日が来るべき人には、やはり必ず来るのだな、と思う。

さて。私には、そうした日って、来るのだろうか?